Blog

袋井市で遺品整理をするときに注意したいこと

袋井市で遺品整理は、普段する部屋の片付けや整理と違い注意したいことがあります。まず、整理する品は自分の所有物でなく、亡くなった人の持ち物です。そのため、処分する判断は遺族にあります。しかし、故人の意思が尊重されることもあります。
それは、遺言書です。遺品整理をする前にはまず遺言書の有無を確認します。正式な書式や手続きをしているのであれば、法的効力があります。遺言書の内容によっては、遺品整理の仕方が変わるからです。そして、親族間のトラブルに形見分けの分配があります。遺品の中には宝石や絵画、骨董品など価値がある品も多くあります。それぞれの価値を把握していれば公平に分けることができますが、わからない場合がほとんどです。
また、市場価値のある品は遺産相続に関係するため、厳密にいうと子供だからといって勝手に持ち帰ることはできません。トラブルを避けるためには、一人で遺品整理をしないことです。
急な逝去だと、葬式の準備や役所の手続きなどで遺品整理は後回しになりがちです。しかし、冷蔵の中には食品があったりして生ごみもあります。そのまま放置すると異臭や害虫が発生して、近所に迷惑をかけます。本格的な遺品整理はあとにしても、異臭や害虫の発生元は早めに片付けるようにします。
遺品整理の仕方によっては、故人の名誉を傷つけることにもなります。不用品となった遺品は、近所に迷惑がかからないように自治体のゴミ出しルールで処分します。また、作業中も大きな音を出さないように気を付けます。遺品整理でお悩みのことがあれば、当社にご相談ください。

関連記事



* * * *

新着情報

生前整理・遺品整理ならお任せ!



遺品整理をはじめ終活・生前整理のお手伝いを浜松市・静岡県で承ります。不用品回収や処分にお困りの際は静岡リサイクルジャパンにお任せください。

ページ上部へ戻る